バイアグラ100mgの画像

EDの治療薬といえばバイアグラを頭に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?世界で初めて認可されたED治療薬がこのバイアグラです。現在も新しい薬が開発されていますが、知名度や利用者数などを見てもまだまだ多くの人が愛用してます。

バイアグラはどうやって飲む?

世界的にもその名が有名なバイアグラは、日本でも認可され3大ED治療薬のひとつとして数えられます。実際にこの名を知らない人はほとんどいないと言えるほど浸透しており、勃起ができないED患者の男性にとっては救世主のような扱いを受けています。しかし、服用方法を誤っていると効果が薄まるどころか、効果が発揮されないということもあるので注意が必要です。バイアグラに限らず、どんな治療薬でも臨床試験では水かぬるま湯で検査されるため、それ以外の飲み物では効果が現れないことが多々あります。お茶で飲むのも可能ですが、牛乳などの脂肪分を含む飲み物で飲むと、吸収が阻害されることがあるため気をつけなくてはいけません。また、性行為の緊張をリラックスさせるために、お酒を飲む人がいますが、適量であればバイアグラと一緒に飲むことも可能です。アルコールによるリラックスとの相乗効果で、性行為に入りやすくなりますが、一定量を超えると逆効果になってしまいます。バイアグラは血管拡張の作用を持ち合わせているため、過度のお酒を飲むことは、一気にアルコールが回ることにもなるため、飲み過ぎには注意しなくてはいけません。飲み過ぎると頭痛やめまいなどの副作用が起こりやすく、さらに酷くなると意識を失って倒れることにもなります。効果が発現するまでは、服用してから30分ほどかかるため、基本的には性行為の1時間前に飲むと良いでしょう。バイアグラは脂肪分に吸収を阻害されるため、食事の影響も受けやすく、脂っこい食べ物を摂った直後に飲むと、ほとんど吸収されずに効果が発揮されなくなります。そのため、通常は食事の1時間前の空腹時に飲むか、食後3時間以上経ってから飲むようにするのが一般的です。